【BEMANI】DDR Mega Mix/Extreme Plus!

これはBEMANI…なのかな?(^^;
DDRと言えば音ゲーの中でもメジャー中のメジャーゲームですが、知り合いから「これ何?」という話が出て調べてみました。
Exteremeならともかく、Plusなんて3と4しか知らんし、MegaMixにいたっては海外版で聞いたことあったような…。

検索かけたら英語版Wikipediaにありました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Dance_Dance_Revolution_Extreme
2.のbootlegs(海賊版)のところに乗ってます。

以下エキサイト先生訳。

Dance Dance Revolution Mega Mix
ダンスDance革命MegaMixは2つの海賊盤の1番目でした。 DDR EXTREME、および多くのアーケードオペレータへの「アップグレード」が、DDR EXTREMEの上にそれをインストールするのを支払ったとき、それの広告を出しました。 ゲームプレイがまさに同じであったときに、それは詐欺であると判明しました。 ほんのいくつかのインタフェース要素がひねられました、空白のブルー・スクリーンと、いくつかのマシンにおけるオリジナルのsongwheelバックグラウンドの取り外しを含んでいて、「凍結ブロック」との凍結矢の交換、凍結矢の全域が単にいっぱいにされた長方形(ありそうなaバグ)であるところで。 日本の警告スクリーンはそうであり、単語でスクリーンに取り替えて、また「ドントはまた落ちます!」.

Dance Dance Revolution Extreme Plus!
ダンスDance革命EXTREME Plus!は2つの海賊盤の2番目でした。 それには、1つのゲームプレイ添加がありました--また、それはいくつかのグラフィカルな変化を特集しました、しかし、clockspeedを増加させることによって歌の速度を10%か20%増加させる順番にマシンの内部のCPUを破損する能力(オーバークロックすること)。 さらに、人が始めに「悪党」を選択するなら、速度を変えることができません、選ぶのによるいかなる他の困難の周りでもこれを扱うことができますが、次に、悪党に切り替わって。 ゲームが終わった後にさえ速度増加は有効なままで残っていて、20%の速度に延ばされた期間に残されるマシンは非常にすぐに破損する場合があります。 しかしながら、これが一般的ではありませんが、彼らがオーバーヒートするのを止めるためにCPUの上をファンに設置した何人かのアーケードオペレータがいました。 また、さらに、矢の丸い縁で二乗されます。 また、単語が「濡らされると、滑りやすい」状態で日本の書法があるCautionスクリーンを取り替えます。


つまり
Mega Mix→基本コピー、フリーズブロックというフリーズアローの四角版が出てくる。
Extreme Plus!→クロックアップ仕様、基板がオーバーヒートして壊れる?

…らしいです。
内容に変化はないんですかねぇ?
知ってる方いらっしゃれば情報下さい。(_o_)

今日のムービーが知り合いの方が持ってきた「DDR Extreme Plus!」です。
スポンサーサイト

テーマ : ☆音楽ゲーム日記☆ - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



プロフィール

ろろろ

Author:ろろろ
音ゲー大好きなおっさん。
最初に始めたのはDDR1.5(インターネットランキングVer.)。
しかしステッピングステージにどっぷりハマリ、DDR3rdPLUSでK-Popsに目覚めた所へEZ2Dancerとの出会い。
すっかりマイナー音ゲーに目覚めてしまいました。

以前のような玉石混淆合の音ゲー時代が懐かしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム



TweetsWind