【ゲーセン】札幌ゲーセン紀行#1

ども、ろろろです。
久々のゲーセン紀行です!

実は5/4~7の日程で北海道行ってきました。
メインの用事は4日に、5日はかつての同僚たちとドライブをしたりしたので、実際のゲーセンめぐりをしたのは日程の半分くらいでした。
3泊4日で道内のゲーセンをくまなく回るのはさすがに無理があったので、今回は札幌市内のゲーセンのみです。
今回、ゲーセンのデータは
北海道『音ゲー』ろけ情報 3rdTRAX
様のデータを元に更新をしてなさそうなお店を狙ってまわっております。

人気ブログランキングへ


■GEOディノス札幌白石店
泊まったホテルが白石という事もあり、初日の士別から戻った後、一緒に同行した元同僚と一緒に入ってみました。
かつては「スガイディノス」と呼ばれた1大アミューズメント施設だったんですが、スガイがGEO傘下に入って規模縮小したようで、1Fのみがゲームセンター、2Fがカラオケ屋のまねきねこ、3Fがボウリング場になったようです。

…外観の写真撮り忘れました(^^;


140504_09.jpg


なつかしのToy's March。
2はちょこちょこ見る事はあったんですが、ここにあるのは1。初代。
懐かしいなぁ…といってもあまり思い入れないのでやらずじまいでしたが。

140504_13.jpg

DDRX3。X3で止まってるお店も珍しいかも。
新DDRはGOODがコンボ繋がる代わりに判定が厳しくなったので、X3あたりの方が遊びやすかったですね。
2ndMIXの懐かしい曲も採録されてましたし、シリーズとしては好きな方です。

140504_14.jpg

太鼓14。
新しいゲームはあるものの、古いゲームも多々見られ、倉庫的役割も兼ねてるのかな?と言った印象でした。

140504_10.jpg

ルパン三世THE TYPING、アブノーマル・チェック、向こう側はタッチ・デ・ウノー

140504_11.jpg

東京バス案内など、結構懐かしいゲームもたくさん置いてあります。
もちろんグルコス、maimai共に最新の状態で置いてありました!


■キャッツアイ新川店
140505_27.jpg

かつてのホームグラウンド。
よく遊びに行った元同僚の家が割と近くにあって、土曜の夜に集まってここでみんなで遊んだ後、同僚の家に行ってビデオ鑑賞会やらゲーム大会やら、朝方まで遊ぶ、という事が毎週行われていました。
自分が北海道を去った後も集まり自体はメンバーが変わりつつも現在も継続しているとか。
当時コナミの音ゲーが置いてあるお店はジャレコやナムコの音ゲーは置けない、という暗黙のルールがあったようで、ジャレコの音ゲーをやろうと思ったらセガやナムコの直営店に行かなければならなかったのですが、このキャッツアイはその暗黙のルールなんぞくそくらえとばかりに音ゲーを片っ端から入荷していました。
また「うちはあくまでもカラオケ屋」という主張のもと、ビデオゲームと筐体物の配置を分けていて、ビデオゲームは12時終了、筐体物は5時まで遊べる、という当時としては剛毅かつ危険な営業もやっていました。
そのおかげでここにくれば色んな音ゲーが遊べ、今の自分の楚となった部分を作り上げてくれたのもこのお店です。
特にステッピングステージは最後の最後まで玉型を貫いてくれて、同時期キャッツを数店はしごすれば3玉型、3足型、2足型を遊べると言う、ステステプレイヤーならないて喜ぶ粋な計らいをしてくれてたお店でもあります。

…おっと、語りが長くなりました(^^;

140505_29.jpg

まぁもっとも、今は普通のゲームセンターです。
音ゲーについて言えばDDR、ダンエボ、ミライダガッキを除く最新版は一通り揃っていました。
まぁラインナップとしては非常に安パイ選びだな、と言う印象。
かつての攻めのキャッツの片鱗は感じられませんでした。

でもmaimaiは3+1曲なのがちょっと嬉しい。

#2に続きます!
スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



プロフィール

ろろろ

Author:ろろろ
音ゲー大好きなおっさん。
最初に始めたのはDDR1.5(インターネットランキングVer.)。
しかしステッピングステージにどっぷりハマリ、DDR3rdPLUSでK-Popsに目覚めた所へEZ2Dancerとの出会い。
すっかりマイナー音ゲーに目覚めてしまいました。

以前のような玉石混淆合の音ゲー時代が懐かしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム



TweetsWind