スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナー音ゲー音楽館#1/恋のパラパラ大作戦

ども、すっかりご無沙汰のろろろです。
Twitterではやれmaimaiだ、やれグルコスだと書いてたら、すっかり更新が途絶えてしまってました。
そんな自体を解決すべく、お手軽企画を考えました。

題して、
マイナー音ゲー音楽館!

簡単に書くとマイナーな音ゲーの曲を期間限定で配信しちゃおうという企画。

という事で、第1弾はこちら。

DSC_0393.jpg

恋のパラパラ大作戦です。

…前に動画をアップしたような気もしますが(^^;

press04-01.jpg
2000年春に株式会社タクミ(ギガウイングのタクミコーポレーションとは別会社、かつて画像ツールPixiaの版権を持っていたとこです)が開発、ナムコがプロデュースするということで、リリース前から話題になっていたパラパラパラダイス(以下PPP)に立ち向かうべく、リリースされた作品。
シーケンスに合わせてセンサーを塞ぐPPPと違い、三菱電機が開発した網膜センサーを使用し、振り付けそのものを判定していたのが大きな特徴。
基本はパラッパラッパーと同じく手本→判定→手本→判定…と続いていく形式で、おおむね2小節ずつで区切られていました。またFire Ballだけは手本がなく、いきなり判定だけの振り付けの部分がありました。
そのため同じ振り付けを4回くらい繰り返して踊ることが多かったため、初心者にとっては分かりやすく、振りを覚えないとできないPPPの登竜門的な役割を果たしていました。
しかし、音楽ゲームとしては曲数が8曲と少なく、また初心者に分かりやすい振りは慣れてきた人にとっては単調で、曲も恋パラはオリジナル曲に対し、当時流行っていたパラパラの曲をそのまま遊べるPPPには勝てず、結局続編が出ることもなく1作のみで消えてしまいました。
パラパラ人気も曲数の急激な増加と複雑な振り付けでユーザー離れを起こし、PPPも翌年2ndMIXを最後に終了しました。

それにしても、恋パラってこれくらいしか資料的なものがないですよねぇ。
家庭用はおろか、サントラも出てないですし。
開発元のタクミも消滅してるし。

という事で、DVDから曲を抽出してサントラを作ってみました。
1週間の期間限定で配信しますので、おとり逃しなく!

(ダウンロードサービスは終了しました。ありがとうございました。)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 音ゲー全般 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



プロフィール

ろろろ

Author:ろろろ
音ゲー大好きなおっさん。
最初に始めたのはDDR1.5(インターネットランキングVer.)。
しかしステッピングステージにどっぷりハマリ、DDR3rdPLUSでK-Popsに目覚めた所へEZ2Dancerとの出会い。
すっかりマイナー音ゲーに目覚めてしまいました。

以前のような玉石混淆合の音ゲー時代が懐かしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム



TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。