スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DJMAX】RAYリリース

ども、最近はダンエボ&DDRで散在気味のろろろです。
そのお店、TECHNIKA置いてあるんですが、いまだに1のまま。
しかも新規のプレイヤーにPlatinum Crewのカードを無料プレゼントとかやってるんですが…カードなくなるまで2のバージョンアップしないのかな…(´・ω・`)

さて、前回の記事に書いていたiOS版DJMAX Mobileですが、ついにリリースされましたね。
タイトルは「DJMAX RAY」
ロゴの左側にあったRの文字はRAYの意味だったんですね。

4Gamer.net様でメーカーからの紹介文が翻訳されて掲載されておりましたので、引用してみました。

http://www.4gamer.net/games/186/G018659/20120928049/


スマートフォンで伝説をプレイしよう!
ネオウィズインターネット、DJMAXスマートフォンバージョン
「DJMAX RAY」グローバルリリース


■「DJMAX」、オンライン、アーケード、家庭用ゲームソフトに続いてスマートフォンに領域拡張
■シリーズ伝統のシステムを継承した最新作で多様な「DJMAX」の音源を楽しめる
(株)ネオウィズインターネット(KOSDAQ 104200 代表:イ・ギウォン)は、自社がサービス運営を行う予定で、(株)ネオウィズモバイル(代表:ジャン・ヒョングック、チャ・スンヒ)が開発した「DJMAX」スマートフォンバージョンの「DJMAX RAY」を、全世界の Appstore に向けてリリースしグローバル市場の攻略を持続的に強化すると9月 28 日に発表いたしました。

「DJMAX RAY」は有名リズムアクションゲームシリーズ「DJMAX」の伝統システムを継承したシリーズ最新作で、アーケード、家庭用ゲームソフトに続いて、「DJMAX」シリーズがスマートフォンでも楽しめるようになりました。「DJMAX RAY」は、タイミングに合わせて落ちてくるノートをタイミングよくタッチすることで高得点を狙って楽しむゲームです。ゲームプレイヤーのタッチによってキー音が発生して、実際の音楽を演奏している気分を感じられます。ノーマル、ハード、マックスの 3 種類の難易度に、それぞれ 4 ライン、5 ライン、6 ラインのトータル9パターンをプレイできます。最大 8 倍までコンボボーナスを得ることができるシリーズ伝統のフィーバーシステムも搭載しています。

「DJMAX」シリーズに収録されている既存の名曲はもちろん、スマートフォンバージョンで初めてお目見えとなるオリジナルの新曲も収録されています。ゲームをダウンロードすると無料音源の 5 曲がプレイ可能で、「DJMAX」の楽曲 4 曲と隠された 1 曲が含まれたミュージックパックを購入することで、より多くの楽曲をプレイすることができます。隠された楽曲は、各ミュージックパックに含まれた8つのミッションをクリアするとロックが解除されて、プレイができるようになります。最大 8 倍の倍速調整の他に、ランダム、ミラー、フェードイン&アウト効果など多様なオプション設定が可能で、30 種類のカスタマイズアイテムで自分だけのプレイ環境を設定することができます。

「DJMAX RAY」は今後さらに新曲が含まれるミュージックパックをアップアップデートを通じて公開していく予定です。「DJMAX」は、多くのプレイヤーに支持されている人気リズムアクションゲームシリーズです。2004 年、オンラインゲーム「DJ MAX オンライン」としてリリースされ、2007 年 3 月に発売された家庭用ソフト「DJMAX Portable 2」は、1 ヶ月で5 万本が販売されるヒット作品となりました。それ以後アーケードバージョンである「DJMAX TECHNIKA」など、多様なプラットフォームで多彩なシリーズを発売してきており、今でも高い人気を得ています



そしてプレイムービーが公開!
こちらです!






……えーっと、


TAP SONICですか?(汗)


なんつーか、これがDJMAXだ!と言われても、え、あ、そう?
みたいな空虚感が…。
これだったらNTREEVのDJMAX MobileをiOSに移植してもらった方がよかったような気が…(汗)

最近、この画面がはやってるんですかね。
あんな・かれーにな様の所で取り上げられていた
节奏大师 Rhythm Master」や、



密かにiOSでリリースされていた「O2Jam U」とか、



間違い探しじゃないんだから…と突っ込みたくなるような同じレイアウトは何とかしてほしかったです…。

しかしスマホ市場は正規品とパチモノが入り混じっててカオスな感じがしますなぁ。
どっかでTECHNIKAそっくりなアプリも見たんだけど…探したら見当たらない。

変わりに今日のラストは「Groove Catch」を。
これEZ2DJの1モードであったEZ2CatchのiOS版とでも言えるモノ。



ミクさんとか結構普通に出てますが、SNSとかでダウンロードして遊んだりするんですかね?
iPad買ったらやってみたいゲームの1つです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ☆音楽ゲーム日記☆ - ジャンル : ゲーム

コメント

DJMAX RAYは無数にある類似音ゲーと比較して,
やはりキー音がちゃんと存在するところがDJMAXらしさの一つでしょうか.
TAP SONICはDJMAXの曲を使いつつもキー音はなかったので,
名前を分けたのはその辺も意識していそうですね.

>きはさん

コメントありがとうございます。
なるほど、DJMAX RAY以外のタッチパネル系音ゲーは音鳴らないんですか…まるでVJとVJ DASHの違いのようですね(苦笑)。

しかし音が鳴らない演奏系音ゲーはさすがにやってる感がないと言うか、まるでIIDXの後ろでシャドウ様な雰囲気になってしまうと思うのですが…楽しいのかな?
この辺りは実際プレイした人のみが分かると言うところでしょうか。
でも同じメーカーが違う名前のゲームを出してきてレイアウト一緒ってのはなぁ…むしろ今までのDJMAX Online/Portableのレイアウトでもよかった気がします。

一応全部DLはしているんですが、違いは何かと言われれば曲ですとしか言えないレベルなのは確か。
「音がならない演奏系音ゲー」に関しては、jubeatに慣れていれば多分大丈夫・・・なのかな?
正直キー音付きだと作業量が半端なさそうなので、値段が安いiPhone/Andoroidアプリは、質は我慢するので曲数譜面数を揃えて欲しいなぁというのが私的な意見。

あと、テクニカそっくりというのはCytusの事ですかね?
http://ankare6th.seesaa.net/article/267154233.html

>はりすさん

うーん、実際曲くらいの差なんですね。
てかなんでみんなこぞってGuitar Hero方式なのかが不思議。
やっぱ上から下だとK社が黙ってないから?(^^;
でもDJMAXなら文句言われなさそうですけどねぇ。

Cytusは判定ラインが上下に動くからはりすさんの記事の通りTECHNIKAよりはTHEIAですね。
自分の見たのはもっとそのままで、上下分割で上は左から右、下は右から左でまさにTECHNIKAそのものでした。
唯一Flickが矢印のシーケンスであるのが違いだったように思います。
なんだったんだろうなぁ…。

突然でなんですが多分テクニカそっくりとおっしゃっていたのは
Rhythmanixというやつではないでしょうか?

>なおてとさん

コメントありがとうございます。
多分Rhythmanixで合ってると思います。
確かちょっと前に2chのTECHNIKAスレに出てましたね。
今オフィシャルトレイラー見てたんですが、判定バーがあるものとないもの(リフレクのTOUCH!の枠みたいなのが出てる)がありますね。
最新バージョンでなくなった感じですが…さすがにそっくりすぎてやばいと思ったんでしょうか?(^^;

個人的な見解ですが、このインターフェイスはスマホ等の携帯端末で従来のシステム(DMP/DMO)だと、やりづらいというのも関係してるのではないかと思います。ムービーが無いのも、端末のスペックの関係上ということですし。
実際にやってみると分かりますが、TapSonicと同じように見えて、実は結構違います。私がいつも表現している言い方でいうと、「TapSonicはDJMAX RAYのベータ版だ」という感じです。作りは明らかにRAYの方が上ですね。

噂では、テクニカ3は判定の辛さ等の難易度のインフレ化が不評で、次回作も出ないという話なので、ペンタのこれからを担っているTUNEとRAYには期待したいところです。

RAYもまだまだ不安定ですけどね
iPad4とiPhone5以上のスペックじゃないと処理落ちしますし

コメントありがとうございます。

>tatsuさん
DMP/DMOのレイアウトだとどうしてもムービーを出さないといけないので、回避策としてあのレイアウトを採用してるんでしょうね。
今後スマホの機能が上がってPSP並の処理速度が出るようになれば、ムービーを動かしてDMPレイアウトを選択できるオプションがついたりするのかもしれません。
しかし、TECHNIKA3評判悪いですか…うちの地元じゃ2置いてる店がないので未だに初代しかやった事ないんですが、今の音ゲーのシステムとしては救済措置が少ない気がしますね。
やっぱ途中閉店だとやる気がそがれてしまうと言うか。
最近ずっとmaimaiやってますが、設定された曲数はクリアできようとできまいと遊べるってのは斬新でした(ポイントが入らない、BONUS TRACKに行けないなどのデメリットはありますが)。
2で改善されてるか見てみたい所ではあるんですが…仕事三昧で遠出できないですし(T_T
PS Vitaは苦戦が強いられていますが、TUNE2が出るかが気になるところですね。
個人的にはTECHNIKA3の曲収録してPSPでPortable4を出して欲しいです。(^^;

>-さん
コメントありがとうございます。
逆に言えば新しいiPhone/iPadを買え!という事なんでしょう;D
まぁ音ゲーはどうしても処理重くなりますしね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



プロフィール

ろろろ

Author:ろろろ
音ゲー大好きなおっさん。
最初に始めたのはDDR1.5(インターネットランキングVer.)。
しかしステッピングステージにどっぷりハマリ、DDR3rdPLUSでK-Popsに目覚めた所へEZ2Dancerとの出会い。
すっかりマイナー音ゲーに目覚めてしまいました。

以前のような玉石混淆合の音ゲー時代が懐かしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム



TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。