【DJMAX】Portable3ゲーム詳細公開

DMP3の予約がいよいよ明日に迫ってますね。
ダメ元でGAMECDに特攻しようかと思ってるろろろです。こんばんわ。

RuliWebにてDMP3のゲームモードの詳細が公開されました。

http://www.ruliweb.com/data/rulinews/read.htm?num=18082

-DMP3関連最後の動画および全体ゲームの細部要素公開
-2010年09月30日予約販売切迫!

㈱ペンタビジョン(代表チャ・スンヒ)は2010年9月30日に限定版予約および2010年10月14日に発売を控えているPSP用リズムアクション ゲームDJMAXポータブル3(以下DMP3)の細部情報を関連映像と共に公開した。

ゲーム モード説明
DMP3は簡潔ながらも便利なゲーム プレーのために前作でゲームの安全性と使用上の問題点と指摘されてきたNetworkモードとLink Discシステムを排除して、分散していた色々なコレクション機能をLoungeメニューで統合するなどゲーム モードで果敢な変化を試みた。

■Arcade (アーケード)
3段階のステージで構成されたDMP3のアーケード モードではClassic 4Trax / 6Traxモードと新しい演奏システムを搭載した3.2Trax / 4.2Trax /6.2Traxモード、すべてのTraxモードを自由に楽しむことができるFreestyleモードを支援する。曲選択画面は前作まで使った縦形態の構成で脱皮、アーケード ゲームの感度を重視した横形態の構成を採択したし、曲選択時 前作では音楽だけ確認してみることができることで発展して該当曲のプレビュー映像が背景画面全体に出力される効果を使った。

■Mission (ミッション)
DMP2で好評を受けたミッション モードがパワー業なってDMP3に再登場.曲のジャンル、速度、作曲家、雰囲気など多様なレパートリーで成り立った曲コースをノンストップで挑戦することができるようになったしここに加えて点数/コンボ/MAX判定/Fever/Breakなど5種類要素がなかったりあるいはいくつか組合わせたクリア条件に挑戦できることになる。DMP3では前作でプレー直前まで確認できなかった 色々なもののミッション情報をリアルタイムで目録で確認することができる。総70個のミッションが難易度に合わせて構成されている。

■DJチャレンジ(特殊ミッション)
全体ゲーム プレー途中隠された課題の条件を満足すればアイテムを獲得できるDMP3で新しく登場したシステム.DJチャレンジの登場で実力に関係なく多様なアイテムを獲得することができる。

■DJレベル上昇ボーナス アイテム
前作で削除されたDJレベル機能が復活.また、DJレベルが上昇する時ごとに曲/パターン/イメージ/キャラクターなど多様なアイテムが入れられた3個のアイテム箱中一個を選択して獲得することができる。選択しなすぎてアイテムらは次の段階のDJレベルが上がる時同じ方式で獲得することができる。最終DJレベルに到達した時、獲得できないアイテムを一度に補償してくれる。

■スタジオ、クルーシステム
ArcadeモードとMissionモード進行中□ボタンを押してスタジオ メニューに進入することができる。前作に存在したEquipメニューで機能を統合および追加したメニューで、エフェクターおよびギア/ノート スキンの設定が可能なだけでなく個性のある能力分を持っているキャラクターを最大2人まで装着できるCREW(クルー)システムも使うことができる。

■Lounge (ラウンジ)
全体ゲームをプレーして得たアイテムと自身の記録などすべてのゲーム情報を統合して管理するメニューで、データ閲覧以外にインターネット ランキング カテゴリーを利用して自身のプレーを全世界のDJらと競争することができる。

ウェブ上で具現されるインターネット ランキング サービスは前作でいくつかの機能が追加されてPCに加えてスマートフォンを通じても入力および閲覧を便利にすることができるように準備中でこれを通じた持続的で良質のサービスを通じて削除されたNetworkモードでの機能を最大限補完する計画だ。

その他にもDMP3は前作で好評受けたデータ インストール機能を支援してPSP®本体のバッテリ消耗を減らすのに助けを与えて、はやくて快適なゲーム プレー環境を提供する。


Internet Ranking Service (インターネット ランキング サービス)
ペンタビジョンはDMP3の発売と同時にDMP3専用のホームページを開場する予定だ。DMP3のすべての情報はもちろん過去Platinum Crewホームページに帰属したインターネット ランキングがより発展した姿で該当ホームページでサービスがなされるだろう。また、スマートフォンを主に使うユーザーたちのためにモバイル ホームページもはやい期間内にサービスする予定でいつどこでも自身の実力を自由に誇ることができる。


一方9月16日DJMAXハッテュンズ イベントの当選者に先行公開されたDMP3の体験版がユーザーらの好評に力づけられて今日公開予定日より操り上げて公開された。DMP3の体験版はPlay Station Networkを通じて体験することができる。

最後に、DMP3開発チームの責任プロデューサーリュ・フィだけ監督は‘ティジェイメクスポータブル3はシリーズ中最高の安全性、直観的で快適なインターフェース、革新的な演奏システムなど音楽ゲーム本来の面白味に焦点を合わせた作品で最高の作品になるために開発チーム全部最善を尽くしたので大いなる声援をお願いする。’と明らかにした。


あと2chのDMPスレみてたら…。

589 名前:枯れた名無しの水平思考[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 18:33:16 ID:XgSLJbCw0
コピペできないから誰かこれ翻訳できる人お願い
http://backupurl.com/cpxd7r
なんとなく分かったのは、この人はPSP-3005 でファームが6.31 だってくらいかな

591 名前:枯れた名無しの水平思考[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 18:40:51 ID:Cv0hSf6u0
Excite翻訳

* Play Modeで2B、5B、4BFX,6BFX(8B)が陥った。 4Bと6Bは各々Classic 4TとClassic 6Tに変更された。
* Play Modeでリミックス スタイルの3.2Tと4.2Tが追加された。
* Play Modeでリミックス スタイルの3.2Tと4.2Tが追加された。
* 曲選択時背景画面が別々にないで該当曲のBGAがプレーされる。
* キャラクター、ギア、ノート、エフェクターなどを選択できる'モード'の名前が'スタジオ'に変更された..
* スタジオで選択できるキャラクターが1個から2個に増えた。
* キャラクターは総62個で、'基本キャラクター(男),基本キャラクター(女)'が基本キャラクターだ。
* ギアは総10個で、'Max3' 1個が基本ギアだ。
* ノートは総10個で、'Max3' 1個が基本ノートだ。
* 速度は'0.5倍、1倍(基本),1.5倍、2倍、2.5倍、3倍、3.5倍、4倍、4.5倍、5倍、5.5倍、6倍、6.5倍、7倍',総14種類がある。
* ECS(スマート プレーキュー)が適用されなかった。
* DJMAX Portable 2のようにFeverがx4になれば配属が0.5倍増加する。
* Feverは100% 40個を打ってこそ発動が可能だ。
* Clazziquai Edition(以下CE)でもBlack Square(以下BS)のFever x5とは違って100%でない判定はFeverゲージに反映にならない。
* FeverはDJMAX Portable 2(以下DMP2)のようにx5が最高で、CEやBSとは違って別に選択は不可能だ。 (確認必要)


先行で体験版を遊んだ人の感想でしょうか?
FEVERが5倍までとか、プレイキューの廃止やExtreme Challengeを引き継いだモードといい、どうも2をベースにしているようですね。
それにしても気になるのが4BFX、6BFXの削除という項目。
RuliWebでも言及されてないだけに、やはり事実でしょうか?
*.2TのモードもいいですがLR押しがあるからこそのDMPだとも思うのですが…うーん、全部のモードを入れるのは不可能だったんですかね…。
曲だけ一緒でモードは2に準じたDMP3 Classicとか出ないかな、とかちょっと期待もしてしまいますが…。

今日のムービーはHanz Up!を。
学生服+楽器演奏という組み合わせはけいおん!を意識してしまうのですが単なる偶然でしょうか?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ☆音楽ゲーム日記☆ - ジャンル : ゲーム

コメント

HTで無くなったのは今回の複線だったのかもしれません

というか4Bと6Bだけって・・・
クラシックだけでいいから5B欲しかった・・・・

5B遊びやすくて好きだったんですけどねぇ。
*.2Tモードは見るからにやりにくそうなんで、慣れるのに時間かかりそうな気がしてます。
やはり譜面データ入れる余裕はなかったんでしょうか…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 



プロフィール

ろろろ

Author:ろろろ
音ゲー大好きなおっさん。
最初に始めたのはDDR1.5(インターネットランキングVer.)。
しかしステッピングステージにどっぷりハマリ、DDR3rdPLUSでK-Popsに目覚めた所へEZ2Dancerとの出会い。
すっかりマイナー音ゲーに目覚めてしまいました。

以前のような玉石混淆合の音ゲー時代が懐かしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム



TweetsWind